医学部受験の概要と日程について

センター試験に通過すると、いよいよ2次試験に突入します

センター試験というのは、毎年1月に実施されるもので国語や英語、数学や日本史などから選択して受けることになります。
全てマークシート方式ではあるものの、センター試験の勉強をおろそかにして大学の過去問だけをやっていたのでは対応が難しいとも言われているのです。
この試験でボーダーと呼ばれる点数を下回ってしまうと、いくら大学の過去問や模試で好成績を残していても受験できなくなってしまうため、キッチリ計画を立てながら勉強を続けていくことが大切です。
センター試験に通過すると、いよいよ2次試験に突入します。
日程は、大学によって異なるため一概には言えませんが毎年1月下旬から3月上旬に行われることが多いです。
前期と後期に分かれ、前期では筆記試験を行い後期では小論文と面接が行われます。
筆記試験は英語や理科、数学などから自分の好きな科目を選択する方法がとられておりセンター試験におけるマークシート方式とは違い記述式で解答することが求められるため、当てずっぽうで答えるというわけにはいかないという点で、難易度が高いと言えます。
受験する学校によっては、これまで導入されていなかった科目が新設されることもありますので、定期的に受験に関するニュースを確認するようにしましょう。
反対に、これまで実施されていた科目が廃止されるケースも少なくありませんので無駄な勉強をしないように注意することも必要です。
ペーパーテストが抜群にできるのに、小論文や面接が上手くいかないという人は多くいます。
私立大学であればペーパーテストのみで合否判断をするのですが、国立となると国が運営している学校であるためある程度の品格を備えた人物を合格としなければなりません。
このような理由から、面接試験が導入されているのです。

医学部を目指す人はいつ頃から勉強を開始しているのでしょうかセンター試験に通過すると、いよいよ2次試験に突入します計画をしっかりと立てて勉強を続けることが必要です

医学部 受験河合塾 医進塾