医学部受験の概要と日程について

計画をしっかりと立てて勉強を続けることが必要です

医学部を目指す人はいつ頃から勉強を開始しているのでしょうかセンター試験に通過すると、いよいよ2次試験に突入します計画をしっかりと立てて勉強を続けることが必要です

ここでは、医学部の面接に的を絞って見てきます。
基本的に聞かれる内容としては、なぜこの学部なのかということは当然として、医師になったらどういうことをやりたいかや医学をどのように捉えているか、など面接官によっては生徒が用意してこないであろう質問を投げかけてくる場合もありますので、時間をかけてしっかりと準備しなければなりません。
小論文では作文にならないよう気を付けることが大切です。
きちんと順序だてて考察をし、誤字脱字のないようトレーニングをすることが求められます。
このような過程を全て自分だけで取り組むのは非常に困難だと言われています。
そのため、医学部専門の予備校を利用する人が多くいるのが実状です。
ただし、予備校と言っても数多く経営されている中で、どこに行けば合格に近づけるか分からないと悩んでいる人が多くいます。
私自身、予備校を考えた時にインターネットで検索して比較して見ても大きな違いがないと感じたことがあります。
そこで、一日勉強することを休み電車で少なくとも1時間の範囲にある予備校を片っ端から訪問し、スタッフの話を聞いたりパンフレットをもらったりしてホームページ上からは分からない情報を仕入れたことがあります。
適当な理由で予備校を選び、高いお金を払って不合格となってしまっては目も当てられないと思ったからです。
そのおかげで自分に合った予備校に入学することができ、講師とともに厳しい日程を何とか乗り越えることができました。
年が明けるといよいよ本番だという気持ちなりますが、慌てないためにも計画をしっかりと立てて勉強を続けることが必要です。